京うど

kyouudo 伝統野菜

 江戸時代に現在の伏見区桃山の城下において,地元の農民の知恵と工夫によって生まれた栽培で,在来種が栽培されています。

特 徴  根株をまんじゅう型に土盛りし軟化するため,茎は白く上がりますが,太短く,室栽培のようにスマートではありません。

栽 培  伏見区桃山において2戸の栽培があります。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア