うぐいす菜

uguisuna 伝統野菜

 江戸時代の中期に,現在の中京区神泉苑町の農家が天王寺かぶの早生種作出のために選抜淘汰してできたとされ,早春の菜としてうぐいすの鳴く頃に収穫されることから呼ばれたとも言われています。  江戸時代には公卿,大宮人等の専用料理に愛用されて,高級そ菜として栽培されてきました。

特 徴  早生小かぶに属し,葉は光沢のある壬生菜のような形で,根は純白色のやや偏円形で,は種後40〜50日で親指大で収穫します。

栽 培  現在1戸のみで栽培されており,「京都市特産そ菜保存ほ」として京都市が種子の保存を下京区七条地区の農家に委託しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア