松ヶ崎浮菜かぶ

matsugasakiukinakabu 伝統野菜

 古い記録はありませんが,奈良時代に僧がいずれかから伝えたとの説があります。また,近江かぶが京都に導入されて栽培される間に松ヶ崎浮菜かぶになったとも言われています。古くから左京区松ヶ崎に栽培された,地域固有のかぶの品種です。

特 徴  葉は滑らかで欠刻が深く,みず菜の変り品種のようで,地下部が肥大する頃からかぶの上部から茎葉が増える,葉数の多い特殊なかぶです。

栽 培  現在1戸のみで栽培されており,「京都市特産そ菜保存ほ」として京都市が種子の保存を北区上賀茂地区の農家に委託しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア