桃山だいこん

momoyamadaikon 伝統野菜

 起源は明らかではありませんが,滋賀県にあった伊吹山大根を桃山の一部(大亀谷)に移して栽培したものと言われています。 この大根は根の先が細くねずみの尻尾の様であったことから,鼠大根とも呼ばれていました。文献から推察すると,300年前後の歴史を持っていると考えられています。しかし大亀谷大根と桃山大根は別のもので,桃山大根は従来京都で栽培されていた中堂寺系大根であるという説もあります。

特 徴  根部は短くて根首と先端がほぼ同じ大きさで,直径6〜8cm,長さ30cm内外,肉質が非常にしまっています。たくあんにしたときに品質が長い期間保持されることから,漬物として多く利用されていました。

栽 培  現在1戸のみで栽培されており,「京都市特産そ菜保存ほ」として京都市が種子の保存を伏見区向島地区の農家に委託しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア