茎だいこん

kukidaikon 伝統野菜

 別名「中堂寺大根」ともよばれ,約300年前には京都で広く栽培されていた在来種であると考えられています。市内の各地で栽培されていたので南禅寺大根や,吉田大根など各々の地名でも呼ばれていたようです。左京区松ヶ崎は,この大根の栽培に適した気候・土質であったため,現在も栽培が続けられています。

特 徴  茎葉は繊細な感じで淡緑色であり,葉柄は細く柔軟です。根部は純白色で根の先がやや太く,尻づまりしています。

栽 培  現在3戸の栽培があり,「京都市特産そ菜保存ほ」として京都市が種子の保存を左京区松ヶ崎地区の農家に委託しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア