辛味だいこん

karamidaikon 伝統野菜

 旧名「原谷大根」と呼ばれており,京都市北区大北山(原谷)の原産で,元禄,宝永の頃(1688年以降)から現在の北区鷹峯で栽培されるようになったとされています。

特 徴  形状は,根部,茎葉とも一見小かぶらに似ていて,非常に小さく,直径は3〜5cm位です。葉柄,中央の葉脈の基部は紫色をしており根部には強い辛味があります。

栽 培  現在3戸の栽培があります。  原系統については「京都市特産そ菜保存ほ」として京都市が種子の保存を北区鷹峯地区の農家に委託しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア