もぎなす

moginasu 伝統野菜

 天保年間に油引きの障子を利用した育苗法が開発され,現在の左京区聖護院では苗の栽培や,なすの促成栽培が盛んに行われていました。  そのような環境の中で慶応,明治初年頃,在来なすの中に早生で草丈の低い系統が出現。促成栽培用品種として栽培されるようになりもぎなすが生まれたようです。

特 徴  極早生系で草丈が低く,横枝が良く張り,結果数も多く,葉は小さくて茎も細く,果実は紫黒色。普通の千両なすの幼少果実のへた周辺が着色していないのに対し,もぎなすは,へたの際まで着色しているのが特徴です。

栽 培  現在2戸の栽培があり,「京都市特産そ菜保存ほ」として京都市が種子の保存を左京区一乗寺地区の農家に委託しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア