花菜

hanana 京の旬野菜

 原産地は北ヨーロッパ・シベリアで,元来植物油の原料として栽培されていました。明治時代に西洋アブラナが渡来してくるとすぐにそれが主流品種となり,それまで栽培されていた日本在来種は観賞用として栽培されるようになりました。  京都の花菜は,伏見桃山付近で切花用として栽培されていた寒咲なたねを食用に改良したものです。

特 徴  たんぱく質,食物繊維,ビタミンC,カロテン,カルシウム,鉄がとても豊富な緑黄色野菜で,皮膚や粘膜の抵抗力を強めることから,風邪予防,美肌,老化防止,便秘等に効果があります。  濃い緑色で,茎や葉がピンと張り,切り口のみずみずしいものを選びます。

栽 培 市内では,主に久我,横大路,大原野,松ヶ崎で栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア