はくさい

hakusai 京の旬野菜

 中国北部が原産で野生種ではなく,かぶと漬け菜類が自然に交雑してはくさいの原形が出来たと推定されています。  日本での歴史は意外に浅く,日清戦争(1894〜1895),日露戦争(1904〜1905)を契機に農村出身者が種子を持ちかえり,各地で栽培されて急速に普及しました。

特 徴  ビタミンCが比較的豊富。カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛なども含まれています。他にアブラナ科の野菜に共通するイソチオシアネートを含んでおり,動脈硬化の予防も期待されます。  株の形態は結球性,半結球性,不結球性に分けられ,現在の主流は結球型です。

栽 培  包被型が日本では主流ですが,ほかに抱合型,砲弾型のものがあります。また中心部の葉色がオレンジ色の品種も最近見られるようになりました。京都市内では大原野で多く栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

はくさいを使ったメニューこの野菜を使ったメニュー

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア

このお店で食べることができます