なす

nasu 京の旬野菜

 原産地はインド東部で,中国では5世紀頃には栽培が行われていたようです。日本には7世紀ごろに中国から渡来したとされ,当時の『正倉院方書』に記録が残っています。ヨーロッパへの伝搬は意外に遅く13世紀頃とのこと。

特 徴  栽培の歴史が古いことから様々な在来種が分化しています。外観は品種ごとに多種多様であり,大きく長・丸・紫・白・青に分類されています。

栽 培  栽培の歴史が古いため,品種は多彩で,地方特有の品種も多く栽培されています。京都市内では千両なす(生産地:大枝・大原野・桂・久世・羽束師),賀茂なす(生産地:上賀茂),山科なす等が栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

なすを使ったメニューこの野菜を使ったメニュー

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア