キャベツ

Cabbage 京の旬野菜

 ヨーロッパが原産で,もともと結球していませんでしたが,広まる過程で丸く結球するタイプのものが生まれ,日本へは18世紀初頭の江戸時代に長崎へと持ちこまれました。食用としての栽培が始まったのは幕末以降で,第2次大戦後に消費量が伸びています。なお,観賞用に栽培されたものが葉ボタンになりました。

特 徴  胃腸障害に効果のあるビタミンUを含むほか,ビタミンCも豊富で,外葉の緑の部分にはビタミンAも含まれています。糖質は葉菜類の中では最も多く含まれています。

栽 培  季節ごとに品種が異なり,市内では主に夏まき秋冬どりの「冬キャベツ」と秋まき春どりの「春キャベツ」が栽培されています。楕円形で中身の詰まった冬キャベツに比べ,巻きが緩く丸い春キャベツは水分が多くて甘みが強いと言われています。吉祥院・上鳥羽・竹田・下鳥羽で多く栽培されており,品質も良く,京都市場のほか,大阪等へも出荷されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

キャベツを使ったメニューこの野菜を使ったメニュー

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア

このお店で食べることができます