みず菜

mizuna 伝統野菜京の旬野菜

 京都で栽培されてきた野菜の中で古い文献に記載されたもののひとつで,和名抄(935頃)に「みずな」の名が始めて記載されています。さらに天和3年(1683)には供物として用いたことが,また貞享3年(1686)に東寺九条周辺で栽培されていた記載があります。

特 徴  株状によく分けつし(一株で数十本),葉数は数百枚になります。葉柄は細く淡緑色ですが葉先は濃緑色で欠刻が深く先端はとがっています。最近は食生活の変化に伴って,手軽に食べられる小束のものが多く出回るようになりました。

栽 培 市内全域で広く栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

みず菜を使ったメニューこの野菜を使ったメニュー

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア

このお店で食べることができます