京せり

kyouseri 伝統野菜京の旬野菜

 承和5年(838)の文献にせりの栽培が記載されていることからねぎの栽培とともに古く,湧水の多い低湿地の利用として多く栽培されたようです。現在のような湧水栽培が行われたのは約300年前と言われています。

特 徴  葉の形からとがったものを柳葉,丸味を帯びたものを丸葉と呼んでいます。さらに色や香り,栽培地域によって,京せり,青ぜり,お多福ぜり,山科ぜりに区別されています。

栽 培 現在下京区西七条,南区久世で栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

京せりを使ったメニューこの野菜を使ったメニュー

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア