金時にんじん

kintokininjin 京の旬野菜

 にんじんはアフガニスタンが原産で10世紀頃中近東に伝わり,これより東に伝わったものが東洋系(金時にんじん等)で西に伝わったものが西洋系(西洋にんじん)となりました。金時にんじんは16世紀末(江戸時代初期)に中国から日本へ伝えられたとされています。根が長く収穫しにくいということから,扱いやすい西洋にんじんに次第に追われて1970年以降は激減しています。

特 徴  根が長く赤色系が多くて肉質が緻密で軟らかいのが特徴。甘味が強くてカロテンを含まないためにんじん臭が少なく風味がよい。収量が少なく割れが生じやすい,とう立ちが早いことなどが,栽培上の課題です。金時にんじんの赤みはカロテンではなく,トマトと同じリコピンという色素で,活性酸素を除去して生活習慣病の予防に役立ちます。

栽 培  関西地域で主に栽培されており,京にんじんとも呼ばれています。 京都市内では南区の上鳥羽が主な産地ですが,振売や直売用に北区や左京区でも高品質のものが栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア

このお店で食べることができます