すぐき菜

sugukina 伝統野菜京の旬野菜

 古くから北区上賀茂に伝承するもので,起源は定かではなく約300年前と推察されています。地域的に限られた状況で栽培されたため栽培についての文献は無く,地元住民の口伝えによるのみです。  栽培起源の有力な説は2説ありますが,ふたつとも栽培創始者が賀茂別雷神社(上賀茂神社)の社家某であることが共通していることから,神社との密接な関連性があると思われます。

特 徴  根は円錐状であり,葉は濃緑色で,葉,根部とも大別して各々三つの系統群があります。すぐき漬けはその独特の酸味が特徴ですが,これは乳酸醗酵によるもので天秤を利用した漬け込みと,むろ室での醗酵を組み合わせた独自の手法によって作り出されます。

栽 培 現在北区上賀茂・大宮の農家約100戸が栽培しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア

このお店で食べることができます