はたけ菜

hatakena 伝統野菜京の旬野菜

 起源は明らかではありませんが,菜種油用のものが野菜の少ない早春に若菜として利用され,それが改良されてできたのではないかと言われています。

特 徴  草姿は菜種に類似しますが,葉,柄共に欠刻が大きいことが特徴です。京都では初午の日に食べる伝統があります。

栽 培  伏見区久我地域で多く生産され,「久我菜」とも呼ばれています。市内各地において昭和30年代までは広く栽培されていましたが現在では減少しています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア