しろな

shirona 京の旬野菜

 結球しないアブラナ科の葉菜で,大阪しろなと呼ばれ白菜と体菜の自然交雑によってできた品種といわれています。江戸時代から栽培の歴史があり,「天満菜」とも呼ばれていたことから,大阪天満橋あたりで栽培されていたのではないかと考えられます。

特 徴  結球しないはくさいの仲間で,ビタミンB群を多く含みます。味はたんぱくで,軟らかいので,おひたしを始め,様々な料理に利用できる万能野菜です。

栽 培  嵯峨地区において高品質のものが周年栽培されていましたが,こまつなに作付転換が進み,作付面積は激減しました。現在市内では数戸のみで栽培されています。市場では以前と同様に高い評価を受けています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア