こまつな

komatsuna 京の旬野菜

 中国から渡来し広まった“くくたち”というかぶが祖先のひとつと考えられています。かぶの子孫が各地に広まり,葉を食べる漬け菜として小松川村(東京都江戸川村)で栽培されていたものをこまつなとしたようです。  栽培は関東が中心でしたが,比較的作りやすいことから,近年関西でも栽培が増えています。 海外での栽培はほとんど見られません。

特 徴  成分はほうれんそうと似ていますが,特に牛乳や小魚に匹敵するほどのカルシウムが豊富なこと(ほうれん草の5倍)が特長です。 茎の左右に葉が添っているものをはかま(袴)といいますが,最近はこのはかまのない,茎のすっと伸びたものが主流です。

栽 培  各地に様々な種類があり独自の呼び名がついていますが,京都での生産は交配種がほとんどです。市内一円で多く栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア

このお店で食べることができます