聖護院だいこん

syougoindaikon 伝統野菜京の旬野菜

 文政年間(1816〜1830)に現在の左京区聖護院に住む農家が,尾張の国から黒谷の金戒光明寺に奉納された大根を譲り受けました。栽培し採種を重ねるうちに短系のものが生まれ,それが土壌の浅い京都の地に合ったので,聖護院一帯に栽培が広がったといわれています。  来歴については別の農家が取り寄せたという説もありますが,いずれにしても尾張の宮重大根という長大根が原種であることは間違いないようです。

特 徴  短系で地表に表れる部分は淡い緑色を呈します。肉質は軟らかく,煮物に適しています。

栽 培  本来の品種を栽培している農家は市内でもわずかですが,改良種は広く栽培されています。特に淀地域で栽培されているものは「淀大根」という名前で市場において評価されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア