いちご

ichigo 京の旬野菜

 北アメリカと南アメリカの原種をオランダで育成されたことにより栽培が始まりました。日本へは江戸時代末にオランダから導入されましたが,現在栽培されている品種の祖先はこれとは別に欧米から輸入された品種です。  日本で自生していた野生の「ヘビイチゴ」は,「イチビコ」と呼ばれており(日本書紀),これが転じて「イチゴ」と言う名称になりました。

特 徴  果実は花たくの発達した偽果で,周りに付いている種子が植物学上の本当の果実となります。特有の香りと程よい甘味や酸味があり,炭水化物(果糖、しょ糖)及びビタミンCを多く含みます。スイカやメロンと同じく,果実的野菜で,食生活の面では果実の仲間に入ります。

栽 培  産地と栽培時期によって,暖地型(とよのか,はるのか,女蜂),中間型(宝交早生),寒地型,四季成の他,加工用の品種もあります。市内全域において,主に振売や直売用に栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア