京たけのこ

kyoutakenoko 伝統野菜京の旬野菜

 嵯峨天皇の時代(810〜823)に長岡京市の海印寺寂照院の開祖である道雄が,中国から孟宗竹を持ち帰り,関西に広まったという説があります。ですがその当時食料として利用したかどうかは不明で,その後,江戸時代に西山一帯に定着して栽培の対象となったという説が正しいと考えられています。

特 徴  孟宗竹の筍で,食用としては最も大きいものです。特に西山地域で生産されるものは間引きから施肥,土入れ,収穫までを通して篤農家の永年の研究による栽培技術に支えられ,全国的に最も品質が優れていると言われています。

栽 培  市内の野菜栽培面積では最も多く,西山地域を始め,嵯峨,深草地域等市内各地で,栽培されています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

京たけのこを使ったメニューこの野菜を使ったメニュー

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア