トマト

tomato 京の旬野菜

 中南米のアンデス山地が原産地で,16世紀前半にスペイン人によってヨーロッパへ伝えられました。日本へは江戸時代初期に輸入されましたが,食用ではなく観賞用として栽培されていたようです。戦後の食の洋風化に伴って,急速に生産と消費が伸びました。

特 徴  肝臓や腸管でビタミンAに変化するベータカロテンやビタミンCを多く含む緑黄色野菜です。また加熱すると,うまみ成分であるグルタミン酸が引き出され,煮込みやスープ等に利用されます。

栽 培  様々な大きさと色のものがあり,大きさでは大玉(普通のトマト),中玉(ミディトマト),小玉(ミニトマト)に分けられ,色では赤系,ピンク系,黄系等に分けられます。日本では生食用の大玉品種はピンク系が中心です。  京都市内では北区大宮で多く栽培されているほか,市内全域で振売や直売,市場出荷,契約販売と広く栽培されています。また,施設による安定栽培も多く取り組まれています。

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

トマトを使ったメニューこの野菜を使ったメニュー

私たちが作っています

京北エリア 北部エリア 西部エリア 東部エリア