戸波 浩となみ ひろし

「食べる人の健康を願っています」

 戸波さんは、ある専門誌からひらめいて“漢方栽培”を開始。人間が病を治癒するのに薬草や漢方を使うように、植物に与えたら効果があると考えたそうです。葉面から吸収させると健康に成育し、病害虫の忌避効果もあり、無・減農薬が可能になったとか。京大の肥料学の教科書を独学で勉強し、“魔法の漢方栄養剤”を独自に開発、これに市販の漢方農材と酵素をあわせて植物に吸収移行させると、野菜嫌いな人も食べられる野菜ができるといいます。これが誰にも真似のできない“漢方酵素有機質肥料を使用した栽培”です。「次世代の子供たちに、安心と安全な“食”を提供できることを叶えられること」が戸波さんのこだわりです。

ショップ情報

住所:京都市北区

この野菜を食べることができます

この直売所でも買えます